カンヌ国際映画祭:これらの星はフランス映画の要塞を称えています

カンヌ国際映画祭が5月8日から19日に開催されるとき、コートダジュールの街は再び美しく豊かな、世界の映画産業の中心地となっています。ゴールデンパームのためのレースで、競争の中でさえまたは陪審員でさえ - どこでも重要な映画祭は有名な名前でいっぱいです。そして恥ずべき、かつてのお気に入りのイベントでさえ、7年間の亡命後に再びフェスティバルエリアに入るかもしれません。Lars von Trier(62)。

コンペティション映画とその星

今年対戦している21本の映画を見ると、国際的なスターの比較的小さな割合が注目を集めています。これは主にゴールデンパームを手に入れようとしている膨大な種類の作品によるものです。それにもかかわらず、カンヌでの初演を祝う彼の映画 "Blackkklansman"のSpike Lee(61)によって指示された参加者フィールド "Star Wars" - Mime Adam Driver(34)。



その間、夫婦ペネロペ・クルス(44歳)とハビエル・バルデム(49歳)が映画「Everybody Knows」で競っています。そして名誉の十分ではありません:監督Asghar Farhadi(45)によるドラマは、オープニング映画として第71回カンヌ映画祭の到来を告げるでしょう。また、21枚のゴールデンパーム映画のリストには、David Robert Mitchell(44、 "It Follows")とAndrew Garfield(34)、Topher Grace(39)によるネオノワールスリラー、 "Under the Silver Lake"があります。主役はElvis Presleyの孫娘Riley Keough(28)。

あることがすべて

その一方で、「ソロ:スター・ウォーズ・ストーリー」はカンヌで世界初演を祝い、アルデン・エレンライヒ(28)、ドナルド・グラバー(34)、エミリアを含む映画のすべてのスターをフランスに招きます。 Clarke(31)、Woody Harrelson(56)、Paul Bettany(46) - 監督のRon Howard(64)は言うまでもありません。



一方で、Terry Gilliam(77)の映画「ドン・キホーテを殺した男」は、驚くべき17年間制作されていましたが、今ややっと世界初演として一般に公開されています。モンティパイソンの伝説の映画はまた、祭りの最後の映画になります。その中には、Adam Driverと同様に "Game of Thrones" -Mime Jonathan Price(70)とStellanSkarsgård(66)があります。 3つ目の待望のコンペティション外映画は、主に監督の経歴から非常に興味深いものです。

ラース・フォン・トリアーは戻ることを許されている

Matt Dillon(54)とBruno Ganz(77)の "The House That Jack Built"は、Enfant Terribles Lars von Trierのペンによるものだからです。デーンは、彼が映画祭「メランコリア」のための記者会見で壊滅的な声明のために除外された後、カンヌでペルソナ無償として2011年以来ありました。当時彼はAdolf Hitlerに対する理解と同情さえも表明していたので、たとえ彼が皮肉なことだけを意味していたと常に強調したとしてもスキャンダルを引き起こしました。したがって、主催者だけが彼のカムバックに特に強い目を向けているわけではありません。



見方を言えば:ドイ​​ツの観点からすると、これは今年の特別公演( "SéancesSpéciales")のセクションに見る価値があります。その中には、見るべきアメリカのプロダクション「教皇フランシス - 彼の言葉の男」があります。そして、それはドイツの映画製作者Wim Wenders(72)を撮影しました。

陪審員はまた何かをする

フェスティバルの陪審員の指示は、米国女優のCate Blanchett(48)、PedroAlmodóvar(68)が担当します。彼女はこの名誉を受けるのはこれまでで唯一の12人目の女性です。しかし、Benicio del Toro(51)も2018年に陪審長官を呼ぶことができます。彼は、「未知の視点」(「確かな視点」)というサブカテゴリでこの立場を授与されました。そこでは、主に未知の映画製作者が互いに競い合い、勝者は3万ユーロの賞金を授与します。

カンヌ国際映画祭、ラース・フォン・トリアー、カンヌ国際映画祭、ゴールデン・パーム、スター・ウォーズ、フレンチ・リビエラ、スパイク・リー、ペネロペ・クルス、ハビエル・バルデム、アスガー・ファルハディ、カンヌ国際映画祭、ラース・フォン・トリアー、Wim Wenders、Solo:スター・ウォーズストーリー、カンヌ2018