Benjamin Piwko:彼の怪我は "Let's Dance"にどれほどの負担をかけますか?

金曜日の夜に行われた "Let's Dance"の公演で、Benjamin Piwko(39)が腰を痛めた。すでに陪審員発表で聴覚障害者の武道の達人と俳優はもう部屋にいませんでした。 RTLが発表したように、彼は「仙腸関節の封鎖を受けていたので医学的に治療されなければならなかった」。今や彼は「はるかに、はるかに優れている」と彼は傷害についてのニュースで報道機関のスポットに語った。

「私は最初の数日間痛みに苦しんでいたので、ハンドブレーキのトレーニングを受けましたが、幸運にもそれはより良く、金曜日を楽しみにしています。観客の言うことに興味がある」



そして、彼は健康問題に関する次の放送をどのように楽しみにしていますか? 「正直に言うと、私は金曜日にいつも不安を感じていますが、今回はもう少し多少の不安がありますが、振付がこれまでに行ったことのすべてとは大きく異なるためです。」残念なことに、彼は何も裏切るべきではない、とPiwkoは説明する。 「Let's Dance」ファンは、金曜日の20:15にRTLのライブショーでいつものように結果を見ることができます。それから、39歳は再びプロのダンサーIsabel Edvardsson(36)と踊ります。

RTL.deの特集にある「Let's Dance」に関するすべての情報

Alec Benjamin - Let Me Down Slowly [Official Music Video] (九月 2020).



Let's Dance、怪我、RTL、Benjamin Piwko、Let's Dance、Isabel Edvardsson